どんぐり姉妹


  華さん、芽生さん姉妹がどんぐりの牛乳ポット苗木を育てています。


 華さん(小学校5年生)は6年前に 愛知たいよう幼稚園 でのどんぐり授業時の作ったアベマキの牛乳ぽった苗を家の中庭に植えて育てています。2.5mに生長し、今年春先の徒長枝が1.2㎡も伸びて大きくなりすぎたので他場所に植えたいとの希望がありました。
 妹の芽生さん(幼稚園の年長さん)は今年6月の もりのようちえん でのどんぐり授業でホモとミズナラの牛乳ポット苗を育てています。
 来春、モロコロパークでの新入学記念植樹時に姉妹のどんぐりを植えることにしました。
あと半年愛情ったっぷりの苗木を育ててください。  ガンバって
a0088577_1885511.jpg

 
[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2016-08-24 18:09

ガールスカウトによる緑のバトンリレー

a0088577_226171.jpg
a0088577_2255065.jpg
 2016年5月28日、1万2千人が参加して10万本の苗木を植えるイベント「第4回千年希望の丘植樹祭」が開催されました。

 名古屋ガールスカウト第19団が東北から送られてきた種子で育てたネギを宮城のガールスカウト60名が植える緑のバトンリレーが行われました。
 
a0088577_2156464.jpg


 どんぐりウォーカー子供たち、会員のモンゴリサポターが育てた13,200本を提供すことができ、いつまでも東北を忘れない活動として、緑と多くの生き物が蘇えることを夢見て、これからも継続して行きます。
a0088577_2212572.jpg
a0088577_2215732.jpg
a0088577_2221482.jpg
a0088577_2232511.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2016-06-02 22:04

藤が丘の五つ星

 
  日本人に生まれてよかった。


  地下鉄藤が丘駅の近くに『一丁田』と言う店あり
  味美、食材、器、盛付、思いやりの五つ星
  愛想のよいう笑顔がステキな女将、料理人センス抜群の大将 
  旬の食材を思い出し、頼みたくなる、食べたくなる
  
  昼のランチは現在休んでいます。
  
  一言で言うと 近くにこんな店があり、素敵な味を楽しめて、笑顔いっぱいの女将さんの顔を見ながら。。。。  日本人に生まれてよかったよかった
a0088577_2218472.jpg



 
a0088577_22195395.jpg
a0088577_22203931.jpg
a0088577_22215433.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2015-07-31 22:25

どんぐり授業の感想文

 どんぐりのパワー

 尾張旭市立渋川小学校の4年生71名からどんぐり授業と苗木づくりの感想文が届きました。
 どんぐりに関してあまり知識がなかった児童もすぐにどんぐりに興味を持ち始め千年希望の丘への マイどんぐりの苗木を大切に育ててくれると思います。
 
 どんぐりが大好きになり。。。。。
 どんぐりが30種類ある。縄文時代はどんぐりが主食であった。どんぐりの根が下にの伸びるので
 津波、大雨に倒れにくい。どんぐりの森がポニョの仲間を増やす。どんぐりがおいしい水を作る。 どんぐりに落葉樹と常緑樹がある。学校から帰って早速どんぐりの本を見ました。。。。。。。そ して将来人の役に立つ人になるように勉強します。と言う学童が4人もいました。

  素直などんぐりウォーカーが誕生して感 動に慕っています。

 
a0088577_21203549.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2015-06-14 21:23

珈琲焙煎士の川上敦久さんのとのひと時

 
  子供と楽しむ Kids Cafe Sghoolga が長久手Studioで開かれました。
 
  
子供たちが楽しめるコーヒーって?
  ケーキに合う珈琲の選び方
  親子でおうちCafeはいかが?
  おいしいコーヒーの淹れ方
  大人気のおからケーキと美味しい珈琲で
  一休み ♪
 

  
 コーヒーも川上さんの話しも
  とても爽やかなひと時でした。 
 
  元気いっぱい 笑顔いっぱい 
  そんな野に咲く花のような
  ひたむきな強さと明るさを持った
  コーヒを作り続けて行くそうです。感謝
 
             
 

 
a0088577_1459558.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2014-12-06 15:01

岩沼市から感謝状をいただきました。


   どんぐりウォーカーとモンゴリサポーターが育てた苗木を宮城県岩沼市「千年希望の丘」へ贈り、植樹祭へ参加し続けて行く活動に岩沼市から感謝状をいただきました。試験植林から3年間で6,000本以上の苗木をプレゼントして、現在も6,000本以上の苗木が育っています。
 これからも子供たちと宮城県から送られてくる種子で元気で丈夫な苗木を育て、千年先の子供たちへの活動と
a0088577_21542355.jpg
a0088577_21571857.jpg
して行きます。
 どんぐりの苗木の里親になってください。
a0088577_21493595.jpg

[PR]
# by donguri-mongori | 2014-11-02 21:59

感謝状をいただきました。

宮城県岩沼市の市長井口経明さんが退任され菊池哲夫新市長へバチンタッチされての ご挨拶と感謝状をいただきました
 
 『ご支援が官公署、企業、各種団体からであっても、まずは、団体を代表する方などお一人おひと  りが岩沼市に思いを寄せていただかなければ実現しなかったとの考えから、感謝状は個人宛と させていただきました』井口経明 
 
  井口経明前市長は沿岸被災地に復旧が難しい農地に被災地最大級の太陽光発電工事の着工、多重 防御施設、県の貞山堀護岸の嵩上げも進み、国内外から注目されている「千年希望の丘」の造成も 15基中5基が完成し、10万本の植樹を行い、多くの報道関係者から復興のトップランナーと言わ れてきました。 
 

 菊池哲夫新市長「ⅰがあふれる”健幸”先進都市いわぬま」を目指して行くそうです。
 どんぐりウォーカーと i情たっぷりの苗木 を育てます。
 
 
a0088577_15163042.jpg

 
a0088577_15164664.jpg
a0088577_1517290.jpg
a0088577_15173042.jpg


More
[PR]
# by donguri-mongori | 2014-07-20 15:18

山の学校の子供たちが育てた苗木を。。。。

  どんぐりウォーカーが育てた愛情たっぷりの苗木を宮脇昭先生が植えました。
a0088577_20541368.jpg
宮城県南三陸町 戸倉神社植林で愛知県新城市立鳳来東小学校全校16名の子供たちが育てた苗木を宮脇昭先生の手で。。。。
 
a0088577_22171738.jpg
a0088577_22211333.jpg


愛知県長久手市のもりの幼稚園と愛知たいよう幼稚園児が育てた牛乳パック苗木を横浜西ロータリークラブの澁谷一郎会長とメンバーの手で植えていただきました。
a0088577_20503534.jpg
a0088577_22423133.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2014-06-21 22:52

東北への想い新たに! お出かけください。

   宮城県岩沼市 井口経明市長を
         お迎えしての講演会ご案内
a0088577_23373394.jpg

 2011年3月の東日本大震災により、東北地方を中心に甚大な被害を受け、特に巨大な津波により、海岸沿いの防風林ばかりでなく宅地の緑や農地など、昆虫などを含めたすべての緑環境が根こそぎ壊滅しました。
 宮城県岩沼市は、緑の復興事業としていち早く 『千年希望の丘』 構想を立ち上げ、2012年より事業に着手しています。一部瓦礫を活用しながら海岸沿いに丘を造成し、そこに津波への抵抗性のある樹木を植林し、津波被害の低減と避難場所の確保を目指すものです
どんぐりは地中に深く直根を伸ばし地盤の把握力が強い樹木です。NPOどんぐりモンゴリは極めて早い段階で子どもたちを主体とした緑の復興プレゼントを着想し、各方面に働きかけました。
 岩沼市はNPOどんぐりモンゴリの活動理念と実績を正しく理解・認識され、千年希望の丘への植林樹木として、どんぐりモンゴリが提供する(子どもたちが育てた)苗木が公式に認められ、2012年5月には現地での試験植林で、牛乳パックを活用したどんぐりモンゴリ独得の植樹方法での活着、成長も良く、現地から高い評価を得ました。2013年度の植樹祭で1,200本以上の苗木を持参して植林参加しました。
 どんぐりウォーカーの苗木作りと植林参加は、東北への思いをいつまでも持ち続け、生態系を含めたグリーンインフラの復興・再生のため、重要な役割を担うことになるでしょう。
今回、岩沼市長さんをお迎えし講演会を催すこととなりました。
是非、講演会へ 多くのご家族、市民の皆様、お誘い合わせのうえ、ご参加いただき、心新たに風評、風化から優しい風景に、東北復活への応援をお願いします。

                                   どんぐりモンゴリ事務局
                                     070-5642-0946
[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2014-03-01 00:00

厳冬下ですが...そばを食べたくなって

a0088577_2124497.jpg
 
    一年で最も寒い時期ですが美味しいざるそばを食べたくなり、  
                お蕎麦屋さん巡りをしています
。 

 
      新東名 引佐北ICから257号線で浜松市引佐町方面へ行ったところにある
     うどん.そば処《二五七:じごな》で地元産の蕎麦粉で打ったざる蕎麦と、奥さん
     が地元産の野菜を使ったけんちん汁をごちそうになりました。親父さんは東京
     で建築コンサルタントの仕事をしていましたが、三ヶ日町の浜名湖の風景、
     気象、人間性が気に入って蕎麦と饂飩を打ち始めました。
     蕎麦は毎週月、火曜日。饂飩は木、金、土、日曜日に食べることができます。
     郷土料理家の奥さんの地元野菜がたっぷり入った料理も大好評です。
   
      翌日は高校時代の同級生の店、名古屋市内千種区《千種豊月》の石臼で
     挽いた蕎麦と大きなかき揚げを食べに行きました。
     久しく食べに行ってなかった同級生の店で、日高保義くんが打つ蕎麦と大き
     なかき揚げはこの地域ではあまりにも有名な味です。学校を出て親父さんと
     二人で独特の調理方法をあみだし、中までサクサクとしたエビ入りのかき揚
     げを食べた人は皆、病みつきとなり、人から人へと大きく伝わってきました。
     昼飯時を外した時間に行くとゆっくりと味わうことができます。
   
     
a0088577_21203544.jpg
 寒い日が続くうちに今度は豊根村の51号線沿いの店と岐阜県加子母の    
     天照山の店を尋ねて評判の高い蕎麦を食べに行きます。
 
a0088577_22424891.jpg
a0088577_22494737.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2014-02-01 21:21

服膺の思いいつまでも

 
  「めげない、にげない くじけない」」 
 
a0088577_2126577.jpg
a0088577_2128372.jpg
style="color:rgb(0,0,255);">気仙沼市の地福寺 住職片山秀光さんの被災現場でのお言葉です。
 気仙沼市のNPO法人海べの森づくり主催の第2回植樹祭が今年も地元民300名が
 中心となって行われ 常緑樹のタブノキ、シラガシ、アラガシ、ヤブツバ 
 落葉樹のクヌギ、コナラ、ヤマザクラ、コブシ等を植えました。

 いのちを守る森の防潮堤、いのちを育む、いのちの魂の森づくりです。
 
 皇后さまの東日本被災地についてのお言葉
 『次第に過去として遠ざかっていく中、いつまでも被災地のに人々に
 寄り添う気持ちを持ち続けなければならないと思っています。」 
 このお言葉に森づくりに参加した多くの人たちが涙を流していました。

 服膺:いつまでも心にとどめて忘れないこと
 どんぐりウォーカーの子供たちと東北のやさしい風景の復活へ
 いつまでも苗木を育て、 送り続けてゆきます。
 
 秋晴れの爽やかな一日でした
a0088577_21225019.jpg
a0088577_21234023.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2013-10-20 21:18

横浜ゴム㈱のどんぐりウォーカーたち

 
  『命を守る森の防潮堤』づくり

 横浜ゴム㈱新城工場内で障害のある人たちが社会貢献活動として65,000本のポット苗木を育てています。

 この苗木のうち 3,000本をどんぐりモンゴリが行っている宮城県岩沼市のいのちを守る森の防潮堤 『千年希望の丘』と『水源地の森づくり』 へ送る苗木を育ててもらっています。
 
 クヌギ、コナラ、ミズナラ、シラガシ、アラガシ、タブノキ、ヤマザクラ、モミジ、コブシ等 70種類、ポット苗の用土は工場内での発生する黒土、落ち葉、木端、もみ殻炭を丁寧に手作業で細かく粉砕して作ったものです。

 横浜ゴムさんは昨年度から正会員として千年希望の丘植林祭に参加し、水源地の森づくりには多くの苗木とともにハンデイーを持つ人たちもやってきて、どんぐりウォーカーの子供たちの植林指導で活躍しています。

 一本一本に笑顔と愛情タップリの散水で大きく育った苗木が森で昆虫と小鳥たちがたくさん集めて多くの 命を育むことでしょう。

頑張っている人たちとの協働作業、苗木づくり、植林作業に皆さんもお手伝を。。。詳しくはHP http://donguri-monngori、ne.jp をご覧ください。
















a0088577_20531063.jpg
a0088577_20544567.jpg
a0088577_20565077.jpg
a0088577_20595020.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2013-09-02 17:33

千年希望の丘(第1号)完成

a0088577_179328.jpg
 
     MILLENNIUM HOPE HILLS      千年先の子供たちに伝えたい 千年希望の丘      

 < 
a0088577_2052417.jpg
燦々とお日様が輝く中かで、全国から4,000名以上のボランティアが参加して宮城県岩沼市で『千年希望の丘』樹希祭が行われました、どんぐりウォーカーが育てた苗木600本を持って47名の参加で東北への想いをこめて植えてきました。
 
 3.11大津波でまだ土中で、木々で冬眠中の昆虫の成虫、さなぎ、幼虫、卵も全て失い、トンボ、蝶、ミミズ、 ヤゴも 居なくなり飛んできません。
 生きものを育む森の復活を願ってシラガシ、アラガシ、タブノキ等の常緑樹の他に子供たちが育てた落葉広 葉樹のコナラ、 クヌギ、ヤマザクラ、ヤマグリの牛乳パック苗120本も植樹して、樹木が3メートルほどの育 った頃には多くの生きものが復活し、
 子供たちの歓声が響く森、穏やかな海の見える丘、屋敷林きくねの優しい田園風景
a0088577_17151268.jpg
が眺められる事を次代を担う子供たちに託して行きます。
 
       
    
a0088577_1765921.jpg
a0088577_1781341.jpg
来年度から始まる本格的な丘づくりへ多くの活動参加者をお待ちしています。
    詳しくはHP http.www.mongori.jp出ご覧ください

 
 
[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2013-06-13 17:15

花は咲く

   被災地にもやがて春が来て花が咲きます。
 

 一昨年、昨年の秋は津波の被害が大きかった海岸近くの山での花が咲き、実の生る樹種は豊作ではなかったようです。
 2011.3.11の季節はまだ昆虫も冬眠しているか、水中、土中で幼虫として過ごしていました。コナラ、クヌギ、カシ、シイ、ヤマザクラ等の花は暖かくなって来た4月以降に咲きだします。風媒花のコナラ、クヌギは昆虫がいなくても受粉できますが、虫媒花のカシ、シイ、ヤマザクラ等の樹種は昆虫の活動を必要とします。
 大津波が来て、冬眠中の昆虫の成虫、水中、土中の成虫、幼虫のほとんどが命を失い、虫媒花の花粉を運び受粉させる虫たちが少なかったようです。 今年の春は昆虫の個体も増え、木々の花が咲くころ大活躍してくれると思います。

 いよいよ今年6月9日(日)岩沼市のいのちを守る森の防潮堤づくり『千年規模の丘』への植樹が始まります。沢山の緑が増え、多くの命を育む森づくりへ東海のドングリウォーカーが育てた苗木を持参して、沢山植えに行きます。
a0088577_17105293.jpg


  東北への思いをいつまでも忘れることのないよう皆さんも植樹に行きませんか?

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2013-02-16 17:11

山村に美しい歌声が響きわたりました。 

 
  子供たちの力 優しい歌声が響き渡りました。
 
 忘れることのできない昨年3月11日 大震災の日、 新城市立鳳来東小学校のどんぐりワーカーが卒業生記念植林の時に手嶌蒼さんの《虹》を『どんぐりの木が大きく育ち、沢山の生きもの育まれること』を願って全校児童21名で山の向かって合唱してくれました。
 今日11月17日の学芸会ではPTA,学区役員他大勢の人前で『大震災被災地の復興を願って』全校児童17がの《虹》合唱して、透き通った優しい歌声が鳳来の山村から東北へ向けて響き渡りました。
 鳳来東小学校では震災後の昨年6月から福島県、岩手県のどんぐりで苗木を200本以上を育てています。
被災地の復興事業宮城県岩沼市の『千年希望の丘』事業で植林して、樹木に多くの命が蘇えらせる子供たちの力を信じています。
  
a0088577_17192214.jpg
a0088577_17193310.jpg

 ☆”丘に咲く野の花 足もと揺れてた 雨のあと明るい歌声 響いた”☆。。。。。
[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2012-11-17 17:20

今年もどんぐりが沢山やって来ました。

 
宮城県岩沼市グリンピア、福島県郡山市開成山から、岐阜県下呂市御厩野白草山、東京都江東区木場公園から沢山のどんぐり、ヤマザクラ、タブノキ、ヤマグリの種子が沢山届いています。11月にはシラガシ、アラガシ、ウラジロガシ、ヤブツバキの種子が届き子供たちのにぎやかにな声と笑顔でいっぱいになります。
 
a0088577_21424431.jpg
a0088577_21435859.jpg

 東北の『いのちを守る森の防潮堤』で甦れ被災地の森づくりと東海の『生きものを育む水源地の森づくり』への種子です。 多くの子供たちが参加して苗木を大きく育て、植えます。
 次世代を担う子供たちが森の生態系の素晴らしさを体験学習し、多くの生きものが集う森作りを長く続け、人々の強い絆のもとで、世界に誇れる豊かな緑、水、海の自然環境を保持して行く子供たちの力に期待してください

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2012-10-10 21:53

あなたを忘れない

  
  猛暑の炎天下で気仙沼市杉ノ下遺族会の石碑が静かに語っていました。    
   絆
  
 
 あなたを忘れない
  『ここに居れば大丈夫だ』
  しかし、無情にも第一波で
  下手から家や車が押し寄せ
  そして、第二波、第三波が....
  九十三人の尊い命と
  すべての財産が海へと散った
  あの一声が無情の叫びに
  私たちはあなたを忘れない
  今までありがとう
      こころやすらかに
       
          杉ノ下北区民一同


  東日本大震災の爪痕
 
 
a0088577_2222321.jpg
a0088577_22243692.jpg
平成二十三年三月十一日(金) 午後二時四六分
 マグニチュード 9.0
 津波の高さ十八メートル
 千年に一度と言われる大地震と
 巨大津波に襲われた杉ノ下地区は
 破滅的な被害を受けた

 

  
[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2012-07-31 22:25

蒼く萌え、紅く燃えるどんぐり

  蒼萌え、 紅燃えを楽しんで 
  
 水源地の森づくりのどんぐり授業でポット苗をつくり、家族で育てているどんぐりに愛情が湧いて、庭に植えたいとの相談が来ます。
 
 コナラ、クヌギ、アベマキ、ミズナラのどんぐりは5メートル以上に生長して、落ち葉が落ち、根が強く張り土台を壊すので庭木には適していませんと答えると皆がっかりしています。
 
 植木鉢で盆栽風に育てるか、垣根として思い切って刈んで蒼萌で楽しみ、大きなショックで秋には紅燃えで楽しんでください。
 

   鮮やかさを忘れたどんぐりはお山に植えましょか
a0088577_17215431.jpg
a0088577_17221476.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2012-06-20 17:34

どんぐりで 忘れることなく、環を広げよう

 
      つらいときだからこそ誰でもできる、
         大事なことだから

  選抜高校野球が開幕しました。
 すすり泣き声が、割れんばかりの拍手と歓声が広がった石巻工の阿部翔人主将が選手宣言して。。。。
全国の高校野球ファンが心ひとつにして行動することで風評、風化から東北の美しい風景の復活と優しい絆がいつまでもつながってゆきます。 選手宣言全文紹介します。 
 
 
 モリコロパークの花畑でどんぐり、モミジ、ヤマザクラ、ケヤキの種子を沢山の子供たちが参加して,宮城県岩沼市の復興事業『千年希望の丘』づくりの苗木づくりが始まっています。 『長久手市 モリコロパークから東北被災地復興へ樹木のプレゼント』 愛知県 大村秀章知事、長久手市 吉田一平市長、石井芳樹県会議員が24日、春まつりの会場でどんぐり苗木づくりに参加しました。
 苗木を育てる環が広がり、皆が一つ心で、東北への思いを持ち続けて行きましょう。font>
a0088577_15434241.jpg
a0088577_19114213.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2012-03-24 15:54

どんぐりで 忘れることなく

 3.11 たゆみなく想いを続けて行きます。

 岩手県から送られてきた山桜、紅葉、クヌギを植えました。
昨年の3月11日は鳳来東小学校の卒業生の記念植林でした。
卒業生7名とそれを祝う在校学童15名が育てたどんぐりの苗木を植えました。
お弁当食べ、植林した後に、全員で山へ向かって歌っていました。
手嶌葵さんの『虹』です。♪ 丘に咲く野の花、足もと揺れてた、雨の中明るい。。。♫
東日本大震災の起きた時間です。
地震の揺れを感じることなく、携帯電話も通じない山奥の植林地でした。
何も知らず、皆で山を下りて国道に出てから初めて大震災のことを知りました。

 鳳来東小学校で供たちは昨年5月から東北へ送るどんぐりを育てています。
今年も岩手、宮城、福島から送られてきたどんぐり、紅葉、山桜の苗を育てます。
千年希望の丘づくりへ、いのちを守る森の防潮堤づくりへ、いのちを育む森づくりへ
  

勇気と希望をもっている仲間を忘れることなく、ずっと贈り続け、環を造って行きます 
  

今年も3月22日(木)、一人だけの卒業生、下谷博崇君の記念植林を予定しています。

a0088577_19231582.jpg
a0088577_19251073.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2012-03-11 22:13

金柑 金橘、姫橘 

  乳児泣きつつ 金柑握り 匂いはしむ  楸邨
 中国原産。
 ・1826年に、中国の商船が遠州灘(静岡県沖)で
  遭難し、漂着して清水港に寄航した際に、
 船員が、助けてくれた地元の人に砂糖漬けの
  金柑果実をプレゼントし
 その種が育って日本で広まった。

 ・7月頃に花が咲き、8月頃までに実ができる。
 実の表面はスベスベ。冬頃に黄色くなる。
  実のサイズは、みかんの小型タイプ。
  皮がついたままでも食べられる。
 (よく洗ってから食べましょう)
 ・柑橘(かんきつ)系のいい香り♪
 ・のどあめとしても使われる。
 
 
 梅雨明けの7月7日庭先でたくさんの白い花を咲かせた金柑 
小さな花に日本ミツバチが集い、厳しい冬に黄金色の実から優しい香りを放っています。
金柑「「柑」は「柑子(こうじ)」で、みかんの古名で金橘、姫橘ともいう。
「金」は実の色から「柑」は「柑子(こうじ)」中国語では金橘(Jin ju)。
 東北復活へ絆、思いやりを与える金柑の笑顔
a0088577_22192170.jpg
a0088577_2220499.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2011-12-31 20:34

温かいご支援 ありがとうございます。

   
 寄付金をいただきました。中華そばがとても美味しいと評判の長久手町杁が池交差点【こころ家】℡0561-61-6060の店で東北支援の寄付金箱に26,000円もの暖かいご支援をいただきました。この資金は早速『どんぐりで東北被災地の緑と生きもの甦れ』苗木づくり資金として活用させていただきます。

 助成金をいただきました
22年、23年度に続き24年から2年間、トヨタ自動車環境活動助成金をいただきました。
東海の水源地の命を育む森づくりとその活動でのどんぐりウォーカーから東北へのプレゼント『樹木でよみがえれ被災地の緑プロジェクト』を10年、20年続けて行く基盤を作ります。
 

 東日本から送ってもらったのどんぐりでの苗木づくりを通じて、畠山重篤さんの森は海の恋人の活動、
a0088577_20332951.jpg
東北の豊かな森と海づくりの歴史と文化を学び、苗木を贈り続けることで、子供たちがいつまでも被災地のことを忘れない,お互いに助け合う心を養って欲しいと思います。

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2011-12-16 20:49

東北支援の苗木づくり

         東日本の木、クヌギ  
  (クヌギ、櫟、椚、橡、椡、栩、櫪、椪 国木、栗に似た木)
 
 
 東日本に多く植生しているクヌギのどんぐりは食料、人間、熊、猪、猿、鹿、狸は大量に食べる。リス、アカネズミ、カケスは冬の保存食として運び埋める。樹皮は染料、焼き物の釉、皮を鞣野に使われた。
どんぐりの王様、丸くて大きいい、コマ、笛、ヤジロベエで遊ぶ。

 
a0088577_1514454.jpg
クヌギの木はまっすぐ空に向かって、素直に生長する姿は子育てを楽しむ親に希望を与える木、春の芽吹きの若葉の萌黄(ホウコウ)と秋の黄葉の二回きれいな山景色が楽しめる。
根は直根性で大きな根塊(コンカイ)は土砂の流失、崖の崩壊を防ぎ水の涵養に役立つ。

  
   東日本からどんぐりの王様 クヌギのどんぐりが沢山届いています。
 どんぐりウォーカーの家庭、学校、職場で沢山の牛乳パック苗が育っています。
 子供たちがモリコロパークの花畑でクヌギ、コナラ、ミズナラ、芝栗、栃の苗ぐづりを始め、大き く育てて、来年の秋から復興の始まった街へ、水源地の森へ苗木を贈ります。
 縄文時代には人口の7割以上がクヌギが植生する東日本で暮らしていたそうです。
 東北への思いをいつまでも持ち続ける子供たちを育成する活動にして行きます。
 
  

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2011-11-03 15:02

森は生命の宝庫だった

 今年は国際森林年です。
 
  国連が決めた2011年の世界の年間テーマ。持続できる森林管理、利用を目指して、森林に対する市民の参加と理解を進めることが目的。
 森で雑木林で子供たちも動物も昆虫も 生きとして行けるものがつながって暮らして行く森で大変な事が起きています。
  
a0088577_17355987.jpg
新聞に森林の除染 手つかず 
「森林の除染は事実上不可能」「人が住める線量ではない」「放射性物質は樹の葉に付着しやすく、葉が落ちて出来る腐葉土に蓄積される傾向がある」「除染には膨大な土壌発生と膨大なコストが伴う」「腐葉土を除去すれば保水など森林の多目的機能が失われる」。。。。。。大変だ、困った、何とかしよう。

 豊かな森が豊かな海を育む。。。大変なことが起きていますが???大学名誉教授に頼るより日本国民が運命共同体として子供たちを守り、子供たちに期待して
  
少し前の、ちょっと前の・・日本のふるさとに見た 森を目指して皆で汗と知恵を出しましょう!        
[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2011-09-05 17:39

内モンゴルのおもしろい姿

街での空港駐車場の切符集めと新聞渡し 
 飛行場近くの街で信号で車が止まるとあちこちからおじさんが来て新聞を渡しながら空港駐車場の領収書を集めていました。。。。。。。。沢山集めると3割引き券がもらえるそうです。それを正価の1割引で売ると2割の儲けと新聞の配布料が収入です。

風力発電機36基を6カ月で設置 36,000人の町、庫倫旗のすべての電力を賄う。
 昨年11月沙漠地には何もなかったのですが、4月ごろから現れ始め7月には羽の長さ30メートルの風力発電機が36基もたっていました。このスピードには驚きです。慢性的な庫倫旗の街の電機はOKです。
TV,電子レンジ、洗濯機、エアコン、暖房器が沢山売れると思います。

充電式自転車の普及 3000元 一回の充電で1週間 坂道に弱い ナンバーなし、税金なし
 これも昨年春先に街で僅かに見かけましたが、今年の通遼市内はオートバイが姿を消してスパーカブのような素敵なデザインのバッテリー式自転車ばかりが目立つようになりました。二人乗り、中には親子で4人乗り、ナンバーが無いので免許も必要なし、交通ルールもなし、もちろん公安の取り締まりもありません。日本円で約37,000円です。日本でも大ヒット間違いなしです。

タオルを持たない子供たち、ハンカチを使わない女性
 汗をかいても、トイレへ行っても、顔を洗っても手で拭いていて 拭くものは持っていません。日本から持っていったタオルをあげると大喜びですが すぐにカバンの中に入れてしまい使いません。高校生、大学生の女の子もハンカチなしで手で拭いて終わりです。これから化粧品とタオル、ハンカチが売れると思います。

子供たちに、大人たちに大人気のカレーライス、スパゲティー、魚の缶詰、梅酒、
 沙漠地のモンゴル族の子供たちにカレーライス、スパゲティーを作ってご馳走すると一晩で情報が伝わり翌日には烏雲森林農場8家族が食べに来ました。100円ショップの食品で30人にご馳走して5,000円で住みました。トマト、ナス、ピーマン、ジャガイモは日本の3倍くらいの大きさで値段は10分の1以下です。

馬鹿見たいに乾杯の勝手なルールを作り、飲み続け、笑い会うコミュニケーションの夜
 乾杯、カンペイの連続でワイワイガヤガヤ また乾杯、毎晩16人で60本のビール、15本の白酒を飲み干します。これでは体を必ず悪くします。肝臓の薬と香典が沢山いりそうです。内モンゴルの赤峰の森には馬のような大きな顔をした鹿で『馬鹿』と言う動物がいます。街にの酒を飲むばかみたいな人も沢山いました。泡の立たないビールで乾杯の連続はカンベン、勘弁です。

 毎年3、4回内モンゴリへ行きますが大きな変化波が押し寄せていました。日本人は底力がある過信、社会が矛盾抱えるとすぐに政治家、首相の責任にして自助努力しない日本人は真剣に中国を学ばないと沈没します。
a0088577_1951949.jpg
a0088577_1953256.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2011-08-02 17:26

蒙古楢が心配です。

 
  フモトミズナラ(モンゴリなら)が沢山楢枯れにあっています。

  モリコロパークでのモンゴリ森守プロジェクトで植えたどんぐりが可愛いい新緑で生き生きとしていますが周辺の親木が弱って来ています。例年に比べ葉数が少なく小さな葉が多いからです。秋に落ちるどんぐりも小さいもものが多く、楢枯れの真っ最中で心配です。 弱った木には沢山のカシノナガキクイムシが入って来ます。昨年はまだシイタケの原木くらいの若い木も多く枯れました。
 
 モンゴリナラの故郷、モンゴル、内モンゴルから飛来する黄砂の影響が出ているかもしれません。草原が消えて沙漠化で少なくなった蒙古櫟の森、林も少なくなり化石燃料をたくさん使う環境となりました。
 
 どんぐりモンゴリでは子供たちとどんぐりを学び、育て、植えています。家族の方にも東北の森と生きものの関係、水源地のどんぐりが豊かな水を育む役割を理解していただくために《加子母の大好きな仲間たちの木のぬくもり展》を企画しました。
  
  東北支援の
a0088577_225417100.jpg
a0088577_2256363.jpg
どんぐりウォーカーが沢山増えることを願っています。

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2011-05-30 22:57

どんぐりで被災地の復活へ。。。

 
  5月5日 FM愛知(全国36局)で放送のレポートです。

 被災地の復旧.復興に伴って、自然をよみがえらせる緑の復活「里おこし」も必要になってきます。
 そんな中で、「東北地方のどんぐりをここ愛知で預かって大きく育てて、復興後の被災地の幼稚園、小学校、公園に苗木を送り届けようという試みが進んでいます。
 進めているのは、愛知.長久手町に本部を置くNPO法人どんぐりモンゴリです。
日本の故郷、東北の自然復活を願って東北のどんぐりを預かり、育てて送る「どんぐりウォーカー」を募っています。
 今日は愛知から、東北の自然復活へ生きものを大切にする心を持った子どもから子どもへの支援の話題でした。
a0088577_1804348.jpg
a0088577_1822835.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2011-05-07 17:49

内モンゴルからの願い

  内モンゴルの学資金支援を受けた大学生から東日本大震災の心配をして励ましの手紙が届きました。
 烏雲森林農場で日本語を学び、沙漠地の苗木作りと植林を協働で緑化活動をして来た学生たちです。教師、環境学、生態学、森林農業を学んでいます。国境を越えた自然環境、空気、食糧、水の危機へ挑戦してくれるそうです

    日本民族は皆で挑戦して美しい風景を取り戻します。
a0088577_12243084.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2011-04-14 21:40

子供たち頑張れ

夢を託して 

 東日本大震災の後。。。。。公園の砂場で孫と遊んでいるとき、年長さんと年中さんの女子が砂遊びでの会話 『砂の津波が来ました』 と言って両手で砂を集めていました。ある子は『ポニョの津波』と言って大きく手を開いていました。子供たちの頭から大きな津波の思いが離れないのでしょう。

 日本民族の思いやり、めげない強さで20年、30年かかても辛抱強く復興させる子供たちになって欲しいと思います。どんぐりモンゴリでは福島県郡山のどんぐりウォーカーから昨年秋に送ってもらったクヌギ800個のどんぐりを使い、愛知、岐阜県のどんぐりウォーカーがポット苗を育て,被災地の復興計画、再構築された小学校へ苗を送るプロジェクトをスタートさせます。
 
 今年の秋から岩手、宮城、福島、茨城の会員から花が咲き、実がなるどんぐり、栃、山栗、朴の種を送ってもらい、1万本の苗をつくり、緑と生きもの復活に願いを込めて育てて行きます。
 
 

  ながい道のりを皆で乗り越えてゆきましょう。 
  子供たち緑復活へ向かって頑張れ!!
a0088577_1445357.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2011-03-20 10:52

ドングリの戦略

森の生き物たちをあやつる樹木の本に 
『人はなぜどんぐりを拾うのか』と言う面白い記事があり、世界中の先住民族も日本民族もドングリを主食としていた。日本では縄文時代まで主食として食べ続けられたのは、甘味がないほうがよく、保存しやすいミズナラ、コラが好まれて食べていたのだ。北上山地では、1930年代まで食べられ、食生活に組み込まれていた。ドングリの戦略 森廣信子著より

 幼稚園、小学校のどんぐり授業で一番多い質問にドングリは食べられるの? 答えとして 子どもたちの目の前で生のマテバシイを食べて見せると驚愕の連続です。 ドングリを食べなくなった現在もドングリを拾う遺伝子は生きつづけていると言うから面白い。
a0088577_11463829.jpg
a0088577_11482061.jpg

[PR]
# by DONGURI-MONGORI | 2011-02-25 17:17