<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

加子母 木曾越の紅葉、黄葉

今日は七五三でした。子ども達も彩り鮮やかな服を着て晴れやかにお宮参りです。
a0088577_1654519.jpg
今年の山々も木曾越のブナ、ミズナラの艶やかな黄葉とても綺麗でした。
各地の紅葉、黄葉は綺麗でしたと多くの方からお便りを頂きました。
上高地、白山スーパー林道、平湯峠、天生峠どの山のミズナラ、ブナ、モミジ、ウルシ、ツタ最高の彩でした。

 綺麗な秋の彩の条件、葉が育つ頃適当に雨が多かった。 台風の害が無く葉がきれい。高地の秋は朝晩と日中の寒暖差が適当にあった。という好条件がそろいました。
もう一つ良い環境がありました。今年はブナ、ミズナラの実子が少ない不生りの年でした。栄養が実子に奪われず枝葉にたっぷりと行き渡り肉厚の良い葉が多く育ちました。
これから始まる里での紅葉は少し心配です。10月の気温が記録的な温かさで寒暖の差が少なく、雨も少な買ったのでかなり遅れそうです。これ以上遅れると黄葉、紅葉の前に木枯らしが来て枯れてしまうか、風で飛ばされてしまいます。
a0088577_165546.jpg
温かい日々が続けば暖房によるCO2の発生が少なく良いのですが、寒くならないと紅葉には良くないのです。
晩秋の暖かい日を小春日和と言いますが、英語ではインディアンが急に襲撃してきてすぐに帰えって行くような一日だけの暖かい日をインディアンサマーと言います。今年は心温かい山ノ神がが長く居座っているようですね。
ブナの木は初夏から夏に吹く風に時折『ブーン』といった強く音が鳴りますのでブンナリノキの名がつきました。ぶん殴るは強く殴る意です。
ナラ(楢)は日本書紀に平らの意と同時に、秋の黄葉を風が鳴らすのでナラの語が起こったという説も紹介されています。

a0088577_16551992.jpg
コナラ、アベマキ、クヌギは黄色く黄葉しますがミズナラ、モンゴリナラは赤く紅葉します。
ホオノキはつぼみが花を開くはるか数ヶ月前から冬芽をつけ、『ほほまった』ままの姿で長い冬を越すのでホホガシハの名が生じたと言われています。果実は10月ごろ赤い種子が白い糸でたれ下がり。風と遠心力で遠くへ飛んでゆきます。
コシアブラは加子母ではコンテツと言われていますが木から採取された樹脂液よって作られた塗料が金漆(ゴンゼツ)に使われます。超す油、漉す油の木がコシアブラと名づけられました。
春の芽は大変美味しく山菜の王様ですが若芽の樹液には漆はないようです。

a0088577_16553515.jpg
沢山のどんぐりモンゴリファンのかたへ加子母の山々、木々、風、音をプレゼントいたします。
来春からかしも山歩倶楽部へお出でください。
[PR]
by DONGURI-MONGORI | 2006-11-15 19:59