<   2006年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

木の名前と生活文化

a0088577_742863.jpg
ゆず  柚  柚子
冬至は11月7日の立冬と来年2月4日の立春の間の真ん中の12月22日です。
 今日21日、どんぐりモンゴリの事務所へスタッフであり活動の後々をゆずっても良い人、野村昌江さんが家の庭で実った柚子を沢山持ってきてくれました。皆で湯に入れる、ジュースで飲む、ジャムを作る、焼き魚にとワイワイ、ガヤガヤ一年で昼の時間が短い冬至前日の喜びでした。
南国高知、柚子の産地では桃栗3年、柿8年、柚子の大馬鹿18年と言われているそうです。
明日は冬至です。この日に昔からかぼちゃを食べて柚子湯につかると風邪引かない、病気が治ると言われてきました。
柚子の原産地は中国雲南省です。北京オリンピックを目指して高地トレーニングをしているマラソンの野口みずきさんが合宿をしている昆明市のあるところで中国語でも柚子(youzi)と言います。
私も以前、昆明に行った時に柚子の香気と酸味の良い饂飩を食べたことを思い出します。野口みずき選手も柚子湯に入り、柚子湯を飲み、柚子の香りがする部屋で風邪を引かないよう美肌とパワーを付けていることでしょう。北京加油加油(頑張れ頑張れ)。
柚子の果実、蕾は可愛い意黄色(みかん色、橙色ではありません)で色よし、味よし、香りよしと大変に融通の利く果実です。江戸の昔から柚子湯に入って柚子湯を飲んで柚子の香りで病なしと言われきました。
柑橘類の中でももっともビタミンCが多く、フラノボイドが多く含まれ活性酸素を消して病を防ぎ、 *柚子湯に入るとヒビやアカギレを治し、風邪を引かないと言われています。 *柚子を食べる。柚子菓子、味噌、ジャム、マーマレード、大根、昆布、なます、寒天、柚餅子。 *柚子を飲む。ゆず湯、酒、焼酎、ウイスキー、ジュース、コークに全てよしです。
日本でも北は東北から南は九州まで広く分布していて庭に植えると緑が一年中青々として冬には黄色い果実を付けて大変に融通の利く木として人気があります。
隣の庭の柚子を慌てて盗むと必ずといって良いくらい針で手の甲を傷つけます。柚子の木は傷つくと菌が入り腐りやすいので柚を盗る時は十分ご注意を。。。。
DHC栄養食品に高いお金を使うよりを庭先にゆずの木を植えてじっと我慢の18年も過ごせば孫に喜ばれ、安心してゆずる心ができてきます。 柚餅子、ゆーべしでした。
  野村昌江さんの心配りに感謝、感謝。 
 〔冬至冬中冬始め〕 寒さはこれからが本番です。23日の朝は冷えますのでゆず湯につかって体を温めてから休んでください。一陽来復、明日からこれまでの陰気が陽気に変わります。
  良いお正月をお迎えください。 
[PR]
by DONGURI-MONGORI | 2006-12-21 23:57