<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

清々しい朝でした。

梅雨空の合い間の清々しい朝、5時半の地下鉄に乗り、日本一優しい12番ホールの拾ウォーキングに行って来ました。
CoCo壱番カレーの創業者である宗次徳二さんが30億円近くの私財を投じて中区栄に今年3月にオープンされたコンサートホ-ルです。くらしの中にクラシック 宗次ホールは地下鉄栄の12番出口から305m、333ヤードを東に来た南側にあります。
昨日、各務原市の中部学院大学のシティーカレッジの講演で宗次徳二さんがお話をされました。
a0088577_425395.jpg

『素敵なホールで素敵な演奏者の音色を聴いてから12番出口までの汚れたロードをお帰りになられてはお客さまに夢を与える事が出来ません。毎朝の拾ウォーキングでごみを拾いお客様をお迎えしたい。』とお話されました。来週からはごみ拾いだけではなくロードをピカピカに磨くそうです。
どんぐり拾いの季節まで待ちどうしい私もどんぐりウォーカーの代表として鍛錬を兼ね拾ウォーキングを楽しんで来ました。清々しい笑顔になりました。
9月15日(土)13時から宗次ホールで第3回星学会どんぐりモンゴリ支援コンサートを開催していただけます。
講演  名古屋大学大学院教授 福井康雄先生の『モンゴルから宇宙を見る』 演奏は馬頭琴奏者 リポーさんです。
このコンサートへ向け日本一優しい12番ホールの拾ウォーキングにこれからも参加し、支援コンサートへ来てただける皆様に感謝をしたいと思っています。コンサートのチケットはどんぐりモンゴリホームページで御覧の上、急ぎお申し込みください。
宗次徳二さんの川柳
  ○ 出来過ぎた嫁が今は出過ぎる  ○出来た人早起き掃除できる人 ○足元の吸殻拾うは社長だけ  15歳で初めて誕生日を知り、名前を知り、親がいないことを知った人、宗次徳二さんの日本一の右肩上がりの人生の見所、勘所と実行力です。
[PR]
by DONGURI-MONGORI | 2007-07-05 09:09

梅雨空の中 新緑を堪能しました。

 今年2回目のかしも山歩倶楽部に55名の方が今にも雨が降りだしそうな梅雨空中を皆さん張り切って参加してくれました。

a0088577_749812.jpg
 鶯の谷渡りが響き渡り、若緑の一番美しい中、往復20kmの林道を歩き通した方も沢山いました。
 疲れた疲れた、あと何キロ、ジープに乗りたいな、歩き通さないと男が廃れる、ここの水は美味い、いつも1時間45分で登る、後少しと言ったのに、鶏チャンはまだ残っている。と言いながら汗だくだくで沢山の人が完歩しました。トラックに乗り込み一度も歩くことなく山頂まで来た徒楽野郎の人、歩き通した人も木曾越えの頂上では朴葉すし、鶏ちゃんを食べて皆さん笑顔、笑顔でした。



 木曾越えの森の王様ミズナラに小さな赤ちゃんどんぐりが生まれていました。昨年はブナの実、どんぐりが不作で熊、猪が里の畑へ沢山遊びに来ました。どんぐりが不作だった翌年は熊、猪の個体数が少なく、どんぐりの実が沢山実ると熊、猪が里山へ遊びに来る機会は少ないと思います。
次回のかしも山歩倶楽部は8月26日(日)です。深緑の沢水で冷やしたスイカ、トマト、胡瓜とトウモロコシ、ナスを焼いて食べます。
a0088577_7552473.jpg

a0088577_7501550.jpg

 木曾越え、加子母、東白川のどんぐりの実をポット苗で2年育て植林した6年生の木が4メートル近くに成長しました。昨年から加子母福崎で名古屋の子ども達が植林したミズナラ、コナラ、アベマキ、クヌギを子どもたちが大きく育て昆虫、小鳥、ミミズに大きな夢を与えてくれると思います。





 どんぐりウォーカーへ沢山の方の参加をお待ちしています。どんぐりころころ。。。。。。。
[PR]
by DONGURI-MONGORI | 2007-07-01 22:07