<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

どんぐりモンゴリサポーター情報

内モンゴルの沙漠から帰りました。
今年はトウモロコシの実がなる頃に雨が少なく不作でした。モンゴリは花が咲いた頃に雨が少なく風花が沢山飛散して豊作でした。
過酷な小さな農地、半乾燥沙漠地でのトウモロコシ作りは大変です。
雨がが少なければ注水するためにポンプの燃料代が多く掛かり、注水すれば草取り、肥料が多く掛かり、やっと収穫すれば運搬、脱穀のために高騰した燃料費が掛かります。
でも貧困牧農民は秋になると笑顔が一杯です。
トウモロコシの収穫が少なくても殻は燃料として、枯れた茎、葉は冬の家畜の飼料なるので夫婦で頑張ります。
マイナス20度以上の冬になると家畜の世話は女、子供の仕事。親爺はお酒を飲んで春を待ちます。活着率の良い凍土(砂がいメートル以上凍りつきます?)への冬の植林でも本格化行わないと折角稼いだ金も砂(腹)に凍み込んでしまいます。
暖冬の日本へのカシミヤは売利上げが期待できずヤギの毛は下がりますがこれからも沙漠地での野菜、酒、燃料の高騰はずっとずっと続く事でしょう。

a0088577_12562231.jpg
a0088577_12564986.jpg
a0088577_1257182.jpg

[PR]
by DONGURI-MONGORI | 2007-10-29 21:49