<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

どんぐりが好きなねずみ

赤ねずみはどんぐりが大変好きです。
熊、猪との違い秋の間に塩を引くように運んだどんぐりを住みかで食べて長い冬を越します。
来年は十二支の第一番。ねずみ。亥年(中国では豚年です)も後僅かねずがみちょろちょろと直ぐそこまで来ています。
中国では正月に家族で健康、幸福を願い餃子を作って食べます。立春を迎えた旧暦の正月、子の刻(午後11時から午前1時)去り行く日と新しい日の交わる時に餃子を食るそうです。交わるjiao子ziの刻(ねのこく)餃子(jiaozi)と発音が同じです。日本では長生きできますようにと練った年越しそば食べて新しい年を迎えます。中国では至福を包み込んで食べて春を迎える違いが面白いですね。
来年は子年ですが鼠に引かれないようにようにこつこつと幸せの餃子を沢山食べましょう。
a0088577_231541.jpg


どんぐりモンゴリの理事 周思昊さんの作った水餃子は超一流です。
[PR]
by DONGURI-MONGORI | 2007-12-20 21:25

どんぐり日和とでも言うのでしょうか


明日は12月7日は大雪です。
小春日和でもないし、天高く馬肥ゆる秋でもないのに雲ひとつ無い高い高い青空、風もなく暖かな一日でした。
a0088577_19253819.jpg

モンゴリナラの木が沢山あるモリコロパークへ行って来ました。
まだ少し緑を残した葉もありましたがモンゴリナラ、モミジ、楓、コナラの紅葉も真っ盛りでした。
a0088577_19263791.jpg

愛.地球博の時に運良く抽選に当たらないと見ることが出来無かったとなりのトトロの主人公が住む【サツキとメイの家】は平日でしたので予約をすることなく見学が出来ました。
暖かな陽だまりの日本庭園の中で見る楽しみ、感じる楽しみ、昭和のくらしをのぞくことができました。
生まれ変わった愛知青少年公園から愛、地球博、そしてモリコロパークは家族で楽しむ箇所も沢山出来上がり子供も大人も行きたくなる公園に生まれ変わりました。
万博の時に冷凍マンモスの展示されていたアイスアリーナの前に どんぐりの育樹場と書かれた大きな看板もありました。モンゴリ森守プロジェクトのモンゴリナラの森作りで使うポット苗6000個が静かに寝ている所で隣りの芝生広場も青空の下でとても広く感じました。やがてその先に子どもたちによるどんぐりの森が出来上がります。
これからも気分転換に新しく生まれ変わったモリコロパークで森林浴、日光浴、ウォーキングを楽しみたいと思っています。
a0088577_19271164.jpg
詳しくはどんぐりモンゴリのHPで御覧ください。http://www.mongori.jp
[PR]
by DONGURI-MONGORI | 2007-12-06 23:15