<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

どんぐりモンゴリ活動支援講演会


   残留戦争孤児 烏雲(ウ.ユン)先生が来日されました。
a0088577_1142592.jpg

 30日の夜 岐阜県川辺町の長昌寺で
 
 家族が満州へ来なかったら  奉天へ汽車で向かっていたら 戦争をしていなければ

 1500名の日本人集団自決、葛根廟事件で7歳の立花珠美さんの目の前でお母さん、11歳になるお姉さん、6歳と4歳の弟、一歳にならない妹の命を落とす場面を70歳になった今でも脳裏殻忘れることはなかったのです。
a0088577_1145825.jpg

 中国人民日報に掲載された『彼女の中国的の心』

 中国とNHKのテレビドラマとなった『草原に還る日』
 
をテレビドラマを見て、中国の人の愛、涙、感動のドラマを烏雲先生から直接たっぷりと聴いていただきました。

 1949年の建国時のホルチン沙漠の緑覆率23.7%が先生の意思を継ぐべ日本からの数多くの植林隊がやってきにて27%まで回復したそうです。

a0088577_1154058.jpg

11月4日17:50から愛知県立大学講堂で学生さんとの講演会にぜひお出かけください。

[PR]
by DONGURI-MONGORI | 2008-10-31 07:49

どんぐりモンゴリも豊作

a0088577_9214736.jpg
 豊収的秋天
今年はどんぐりがたくさん落ちました。来年は春には親子の熊がたくさんの山にいますので山菜採りにはご注意!!
子ども達を中心とした 子ども達でできるどんぐりの森作り『100年先の森作り』プロジェクトに今年も(財)日野自動車グリーンファンド助成金が決まりました。
『子ども達を主体としたどんぐり中心の植林』プロジェクトにトヨタ環境活動助成プログラム2008の助成金が決まりました。
天高く馬肥える秋晴れの10月18日『土』には岐阜県加子母の植林地へ高齢社会福祉協議会の『水源地の森づくり』体験講座の受講生88名がどんぐり植林にやってきました。83歳のお婆ちゃんからから10才学童が牛乳パックふれあいのマイどんぐり植林でわいわいがやがやと水源地にこだましていました。
a0088577_9221645.jpg

今年は福島、群馬、埼玉、東京日野市、小金井市、木場公園、のクヌギのほかに黄金柏、茅の実、芝栗、たくさんの実を送って頂きました。感謝
幼稚園児、小学生、大学生、若いお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、留学生と数多くのどんぐりウォーカー、が誕生しました。
     豊かな森づくりにはたくさんの人の豊かな思いやりが大切です。font>
[PR]
by DONGURI-MONGORI | 2008-10-22 17:13