<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

どんぐりウォーカーに感謝感謝

a0088577_639575.jpg

 ガールスカウトから感謝状を頂きました

 ガールスカウトの世界的活動のグリナーグリナーの一つである水源地の森づくりに岐阜県加子母へ5年前からら落葉広葉樹植林に今年も93名のガールがやって来ました。
 今年は加子母明治座の屋根材都市として使うヤマグリの苗木と栗の採り蒔き用の牛乳パック苗を植え40、60、80、100年後の改修時に屋根の榑葺きに使うヤマグリとして大きく育つことを夢見ています。
 植樹活動後に中島工務店社長の中島紀夫さんの講話があり、
a0088577_14555551.jpg
手作りの可愛いい感謝状を頂きました。これからも水の恩恵を受けている名古屋のガールスカウトが植樹、育樹に加子母へ来てくれることを願っています。
 岩沼市からも3年連続で千年希望の丘づくりへの感謝状を頂き、たくさんのどんぐりウォーカーの家族、モンゴリサポーター皆さんからお手紙、FAX,メールで感謝の言葉をいただいています。
 どんぐりの苗木を植えながら感動して涙を流す人もいて、植林活動がこんなに喜ばれ感謝感謝の連続の一年でした。



a0088577_14522930.jpg
a0088577_1458164.jpg

[PR]
by DONGURI-MONGORI | 2016-11-24 21:36

鈴木ちほさんへの手紙

a0088577_1553825.jpg
 鳳来東小学校のどんぐりウォーカー鈴木ちほさんへお手紙が届きました。
 宮城県岩沼市派の復興作業は80%ほど終わり、平穏な町ができましたが海岸近くの緑の復活はまだまだです。千年希望の丘は来年5月27日の第5回目の植樹祭でほぼ完成します。同時に進めている生き物が集う「どんぐりモンゴリの森づくり』はまだまだ続きます。地元民の希望の樹種で地元民が参加して花が咲き、実の生る落葉広葉樹主体の森づくりです。多くの人たちの参加をお待ちしています。

  鈴木ちほさんへ
 突然見知らぬ人からの手紙でごめんなさい。ちほちゃんは、今は中学生になっているのですね。一年前の古い話になりますが、「明社三河だより」を見つけて
読んでいたら、明社田原大会のことが出ていて、貴女の作文を読み、思わず気
を引かれました。ちほちゃんたちの育てたドングリの苗が、なんと私の生まれ
育った故郷へ、上級生たちが植樹に行かれたとのことに感激しました。と申す
のは、私は宮城県岩沼市早股の出身です。みなさんが知っている通り、三月十一
日の大震災にあい、幸い実家は残りましたが、半年後に見舞いに帰郷したら、
海は丸見え、緑豊かだった何万本の松林と家々を囲むイグネ(家屋敷を風から守る木々)が全部消え、思わず海がこんなに近いのかと、大きな声をだしました。
 故郷は消えた、と愕然としました。
 その丸坊主になった所に「千年希望の丘」ができるとニュースで知りました。しかも、その丘に鳳来東小の子たちが行って植樹してくれたとのことに、嬉しく、ありがたく思いました。本当にありがとう。
 もしもNPOの角和さんに会うことがあったら、岩沼生まれの佐藤が感謝しているとお伝えください。そして、ちほちゃんが大人になって行けるようになったら、ぜひ行ってね。山の子たちから見たら、きっと珍しく見えるでしょう。
見渡す限りの海、右も左もどこまでも石ころひとつない砂浜・・・・・・。
 私も生きているうちにもう一度、あの海、そして千年希望の丘を訪れたいと思います。
 ではお元気で中学校生活を送ってください。
 なお、貴女とともに携わってくださったみなさまにもよろしくお伝えください。                     さようなら。
a0088577_15561273.jpg
a0088577_15574989.jpg
a0088577_15582780.jpg

[PR]
by DONGURI-MONGORI | 2016-11-18 16:01